白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

予備校講師に言われて全く響かなかったこと5選

公務員試験や大学受験などにチャレンジするときに独学以外で頼る一つの方法が予備校ではないでしょうか。
私も公務員浪人時代は、某大手公務員予備校に通っていました。
予備校には所謂「名物講師」がいて、授業や面談などで我々に「ああだこうだ」言ってきます。それが的確であれば問題ありませんが、ムッとすることも少なからずあります。あの時は黙って聞いていたけれど、今だから反論する予備校講師の言葉を紹介します。

予備校講師に言われて全く響かなかった言葉5選

【後ろの席に座っている人はやる気がない】

これはどこでも聞きますね。講師としては自分の授業を真面目にしっかり聞いてほしいのでしょう。我々も前に座っている人=できる人と認識することは多いです。確かにやる気のある人は前に行く傾向にあるかもしれません。しかし、前に行けない人たちがいることも忘れてはなりません。
私は過敏症腸症候群のガス型の名残があり、後ろの席に人が座っていると恐怖で落ち着かなくなります。正直、席が決まっている試験を受けるのも心配でした。(問題なかったけれど)
また、世の中には、視線恐怖症、わき見恐怖症、集団恐怖症、対人恐怖症、パニック障害など、いろいろな症状を抱えた人たちがいます。
また、後ろの席が落ちつく人、角が集中できる人、席の決め方はいろいろです。その人の個性も考えず、後ろの席にいる=やる気がない、落ちると決めつける浅はかさよ。私は実際に一番後ろの席をキープしていましたが、上位合格しました。黒板が見えていない時もありましたけれど、きちんとやることはやっていましたから。前の席に座ったからといって受かる訳でもないです。やたら質問をしに行って、勉強をした気になっている人が全落ちしているパターンもよく聞きますね。

【受からない人もいるんだぞ(他の受験生のことも考えろ)】

何故、戦いの場で赤の他人のことも考えなくてはならないのか。講師としては、複数合格する人は恵まれているとでも言いたかったようです。もちろん全く受からない人もいますから、それはわかりますよ。しかし、他人は他人、自分は自分。だからなんだという話。
そもそも私を例に取れば、女子校いじめ問題、ガス型統失地獄時代、就職氷河期+留年経験、ブラック低賃金時代、とトリプルスコア以上の修羅場を乗り越えてきているので、「今の就職活動なんてバブル並みやん、うらやまけしからん」と冷めた目で見ています。それ相応の努力をしてきた、乗り越えてきたものが多いほど、全く心に響かないでしょう。

【君にはそこは無理、辞めといた方がいいよ】

私が予備校に入ったばかりの時、あるいは入る前の時に、事務員の方々から相当冷たい対応をされました。
「仕事辞めて公務員試験受けようと思っていて…………」と、言うと「えっ!?」みたいな態度を取られました。確かにその年の試験までほとんど時間もなかったことや年齢、性別、学歴の低さなどもあったかもしれません。仕事を辞めるリスクもありますから、何を考えているのだと思われた可能性もあります。
いやでも、「辞めといた方がいいよ」みたいな雰囲気はどうなのだろうか。
実際に「入っちゃったんだから~」とまで言われましたからね。「入っちゃったんだから」って何だよ。入ったわ。
あと、教養のみの試験で選んだ横浜市も、「そこは記述があるから~(辞めといた方がいい)」と言われました。それで一年目は横浜を受けなかったのですが、ここはほとんど筆記で落とさないと後から知り、そのまま受ければ良かったと後悔しています。
今考えてみても馬鹿にされすぎです。現実を見ることは大切ですが、見てくれだけで判断しないで欲しいです。

【(成績上がって)見直した】

本当に馬鹿にされていましたね。上記のような対応されてからの、これです。これは喜ぶところなのでしょうか?私は全く心に響きませんでした。

【◯◯な人は落ちるシリーズ】

予備校はいろいろな落ちるシリーズを作って、我々を疑心暗鬼にさせてきます。今まで聞いたことは、講義を出ないと落ちる、復習しないと落ちる、途中退出する人は落ちる、ゼミに出ないと落ちる、友人を作らない人は落ちる、◯◯校はやる気がない人が多いから落ちる、などなど。
「どんだけ落ちてんの…………」という感想です。確かに学生が多いので、指導も必要なのでしょう。しかし、講義に出たからといって受かる訳でもないですからね。別に独学でも受かるわけですから。「落ちる人、受かる人の特徴」というHRをしている講師もいましたので、ある意味カテゴライズすれば分かりやすいですね。正直、自分の通っていた◯◯校はやる気がないと言われた時は一緒にしないで欲しいと思いましたし、全く心に響きませんでした。

如何でしたでしょうか。他にもいろいろあったような気がしますし、もっと酷い全く響かない言葉を言われた人もいると思います。
しかし、こういう言葉にいちいち惑わされたり、言い返すことは時間の無駄なのです。
何を言われようが、放っておき、影で努力して最終的には結果で見返してください。何事もこの世界は結果が全てです。予備校は賢く使い、皆さんも結果で【下剋上】しましょう。

そして誰もいなくなった

両親の離婚が決まり、片方が家を出て、もう片方が東北に帰る準備が着々と進んでいる。
綾長自身も家と地元を捨てて、来年から都民を辞める予定。新天地から東京に通うぜ!

「そして、誰もいなくなった。」

こんなこと言っているが、けっこう私は先が楽しみになっている。今は資格を取るために通信制大学に通って、某大手企業で派遣社員をしている。
予定や目標があると毎日が充実してくる。

民間大手で初めて働いて驚いたのは、同じ部署や室内にいるのに全く異なる会社や雇用形態が乱雑しているということ。
だから、「これから◯◯という部署で△△さんと仕事をしてね」と、指示され実際に行ってみると、双方向の部署でやることの認識が異なっていたりするのだ。元の部署に戻ってから、「ここまでしかやらないんだ、あれ貰えないんだ」と、指示した社員が困っていたりする。
ある意味公務員も従業員何千~何万人を超える大企業であるから、こういうセクションの複雑化が見えてきたりするのかなぁと、しみじみ思った。

中小企業にいたときは、若い内から管理職になって、嫌でもいろいろな仕事がやれたし、現場では自分に決定権があった。これからはそういう働き方はできないのかもしれない。あれはあれで大変だけどやりがいはあった。
中小ブラックから民間大手(派遣社員だけど!)にきた感想は、とても働きやすく穏やかな時間が流れていたこと。休憩も一時間以上取れて、勤務中にお菓子を食べて私語もOK!カルチャーショック!
前はトイレにすらいけなかったぞ。
公務員はどうなのだろうか。恐らく民間大手の方がホワイトだろう…………。

ただ世間はクリスマスムードなのに、今年もクリスマスは仕事に逆戻り。
昔、電子ピアノで何もわからずに引いていた山下達郎の「クリスマス・イブ」が頭にちらついて離れない。
来年にはこの派遣先ともお別れ。家族ともお別れ。東京暮らしともお別れ。
けれど、私には公務員という仕事と中高時代からの親友たち、前の会社での成功、そして新しい帰る家がある。

「金がないから結婚しない」だけなのだろうか

少子化や非婚化についてはいろいろな議論がなされている。
正直ブログを始めるまではこんなに結婚や出産に対して熱心に議論がされているとは知らなかった。
恐らくそれは私が20代であるということ、周りがキャリアウーマンばかりで結婚している人が少ないこと、私が興味がなかった、世間知らずであったこと、などがあげられると思う。
しかし、知ってしまったことやこれから起こるであろう面倒事を考えると、他人事ではないことは確かである。
少子化、晩婚化、非婚化は、避けて通れない話題、というかこれだけインターネットで議論されている訳だから、周りはそういう目で見てくることを受け入れるしかないのだろう。自分が女ということも相まって非常に面倒である。

なぜ若者は結婚しないのか、なぜ出生率は低下するのか、諸説ある。
①若者の貧困化
②女性の高学歴化、女性の社会進出
③仕事の負担が大きい(これは昔もか?)

などが良くあげられる理由である。
実際に国や地方自治体では少子高齢化対策に取り組んでいるが、だいたい論文のテーマでもこんなことを原因に上げて話を展開すると思う。
私もそんな模範解答をつらつらと書いて言った覚えがある。

しかし、本当にそれだけなのかなぁと煮え切らない気持ちもある。お金を持っていても結婚しない、子ども作らない人もいるしなぁ。

たぶん付け加えるなら以下だと思う。
④将来に悲観
2050年には東京も一部地域は高齢化率50%を超える自治体も増える。その分、将来負担は大きくなるだろう。そもそも今の若者は、氷河期、リーマンショックバブル崩壊、非正規化、多大なる税負担、等々人生のハードルが高かった世代だと思う。将来世代は更に大変だろうと思うと、これ以上の負担はいらない、そもそも自分も死にたいわと思っている。
⑤親が毒、家族に幻想を持たない
昔はどんな人だろうと強制的に結婚させられていた。うちの親も見合い婚だが、正直仲はものすごい悪かった。(そして結局は離婚。)今の世代の毒親率も高いのではないか。また、誰もが親から愛される訳ではない。幸せな人生を辿れる訳ではない。それなら最初から持たない方がマシである。
⑥対人恐怖症、人嫌い
日本には引きこもりが70万人近くいるという。そういった人たちは、何らかの精神疾患や障害を抱えているケースが多い。過去のトラウマ、きっかけ、(たとえばいじめ、失敗など)があって、引きこもり、そのまま長期化してしまったなど。誰かと一緒に暮らして発狂するくらいなら、一人でひっそりと暮らしたい、そういった人もいるのではないか。

正直、まだまだ理由はあると思う。人の数だけ理由はある。昔のように人生がロールモデル化していて、何も疑問を持たずにルーチン的に人生を終えていたなら別だが、今は全てが多様化してきており、一筋縄では、固定観念だけでは改善しなくなってきている。だからこそ、互いの尊重や譲歩が重要であるけれど、そんな簡単にいくわけでもなく。立場が違えば全く別の人種と言っても良い。

とにかく面倒くさい世の中なもんだ。できれば私は山奥で引きこもって後数年くらいで死にたいと思っている。しかし、現実はそうもいかない。嫌でも前に進むしか道はないのである…………。

公務員も副業を解禁するべき

地方公務員も副業OK 自治体、地域貢献後押し
http://blog.goo.ne.jp/kzunoguchi/e/731a99995af5b12622ee430b794da006

公務員にも公益性が高い地域活動についてのみ副業を認める動きが始まりました。奈良県生駒市や神戸市だそうです。
こういう事業は、東京横浜が打ち出してくるものかと思ったけれど、近畿の方が先進的じゃないですか!

私もかねがね思っていました。これからは公務員も自分から財源を生み出す仕組みを作るべきと。
そもそも役所の中だけでは絶対に頭固まるでしょう。民間の組織や人に関わって職員としてのレベルを上げたり、地域の経済を活性化させる役割に副業を取り入れたり、もっと柔軟な組織になれば良いのに。

これからも公務員の待遇は悪くなる、組織としても予算は足りなくなる。であれば、公務員の副業を解禁して、自分から財源を確保するぐらいの勢いが必要なのではないでしょうか。

しかし、全面的に解禁になるのはまだまだ先な気がします。
これをきっかけに首都圏でも一部の副業を認める自治体が出てくることを期待します。

本当は何もしがらみのない世界で生きていきたい

雇われない生き方が流行っている。
もし私が人生を一からやり直せるなら、手に職をつけて気まぐれに仕事をしたいと思うことがある。
たとえばこんな風な生き方。

http://toyokeizai.net/articles/-/197044?page=7
46歳「コスチューム作り」で生きる女の稼ぎ方
高円寺の名店を18年であっさり閉じた理由

この方は服飾の専門学校を出て、アダルトの仕事をしたり、日雇いバイトをしたり、自分の店を出してコスチューム作りをしたり、と思ったら店を辞めちゃったり、柔軟に変化しながら働いている。とても良い人生だなと憧れを抱いてしまう。何でも楽しめる、ポジティブな性格がきっと人を寄せ付けてくるのだろう。そういう何かしらの人を惹き付ける能力、人から好かれる人は誰かが助けてくれる。はてなの「phaさん」もそんな感じのイメージ。

一方、公務員の働き方は法律でガチガチに縛られた自由度が少ない仕事だと思う。本来の私の性格には合ってはいない。ただ、やりたいことが公務員だからこのまま邁進するしかないのかなぁ、と。女一人で生きていくなら公務員かなぁ、なんてのもありつつ。体力もあるわけでないから今のところは選択肢は少ない。

これから公務員は職員数も減り、待遇も更に悪化、ただし仕事は増える、でブラックの代名詞になっていくと思う。(既に真っ黒か)
逆に民間企業は、働き方改革で変化していく企業や個人事業者、パラレルキャリア、リモートワークなど自由度は上がっていくだろう。
暇な方は東京都が出している資料で、これからの東京の姿が書かれたものを見てみると良いと思う。「もう通勤ラッシュは過去のもの」なんて書かれてるから笑っちゃうかもしれない。

しがらみのない世界で生きていきたいけれど、そんなに器用に生きられない。
だから、自分からレールを外れたり、人と違うことをできる人たちは立派だと思っている。
私は一度脱線したレールをそれなりに再構築することしか考えられなかった訳だから、仕様がないね。

あ、でも役所で良い対応しているな、と思った人がいたら、誉めてくれたら嬉しいです(笑)

就職氷河期、あれから5年が経過した

http://corobuzz.com/archives/108258
「一度つまずいたら二度と戻れない社会」2012年の掲示板の書き込みが話題に

2012年、私が就職活動をしていた頃の書き込みが話題になっています。

当時はリーマンショックの影響や東日本大震災の復興の最中(原発問題、余震も続く)で企業は業務縮小、内定控え、内定取消などが横行していました。民主党政権の方針から公務員の採用も縮減されており、当時の国家一般職(国家二種)の倍率は13.7倍でした。(ちなみに今年は4.9倍)

その書き込みがあった2012年2月9日、私は大学四年生。
卒業間近の時点で就職先は決まっていませんでした。また、その後すべて単位をとり終わっていたにも関わらず、新任の専任講師の勘違いで大学を留年することになります。

今はまぁそれなりな感じで、人生を半分降りながら好き勝手にやれていますが、私を含めて当時の社会全体の絶望感は異常でした。

今は景気も回復してきていますが、やはり一度つまずくとやり直せない世の中というのがあると思います。前に何度でもやり直せる社会を作りたいとか偉そうなことを書きました。

貧困問題、人口減少、借金大国、ゆるやかに衰退し始める国と地方。
抱える問題、解決すべき課題は非常に大きいです。

もしこの方がまだ20代~30代前半ならば公務員試験も視野に入れてみてと言いたい。
今だったら努力すればニートからでもフリーターからでも公務員に転職が可能です。


以下全文転載

59 :名無しさん@12周年:2012/02/09(木) 18:12:51.85 id:BOYSqRGu0
今までニートとか、派遣とか馬鹿にして笑い者にして、自己責任だの、甘えだの、
クズだのゴミだのと叩いて、
勝手に飢え死にさせとけとか残酷なことばかり吐き捨ててたけど、
それらの行為の報いは全部自国、ひいては自分の企業、自分の生活に跳ね返ってくるんだよね。
それに国民はおろか、為政者すら気付いてない。

本来なら、「お願いしてでも」20~40代なんて安定雇用で「全員」が働いて「頂いて」、
結婚してもらって子供最低2人以上、出来れば3人、4人と産んでもらわないと困るのに、
その現役世代が、最初の就職ごときですら悲壮感漂わせながら必死に
求職活動しないといけなくて、つまずくような社会にしてしまった。
そして一度つまずいたら二度と戻れない社会を、弱者を馬鹿にしてそのまま放置してきた。
現役世代に金の不安を与えたら、それが非婚化・少子化に直結するのは当たり前のこと。
本当にバカだよ。

社会全体でニートだ派遣だと弱い男性を笑い者にして、クズ扱いして、
「こんな人間誰が採るよw」とかいって余裕ぶっこいてた会社員様が、
少子高齢化・人口減少による内需の縮小で
自分の所属してる企業が大赤字で潰れる。そして年金も破たんし国ごと崩壊。
今自分がこの日本と言う豊かな国で、豊かなインフラで、幸せに生活で来てるのは、
「どこかの他人が子供を作ってくれて、その国力によって維持されてる」ものなのに。
昔の為政者はそれが分かってた。
「全員揃って豊かにならないと、国は決して繁栄しない」ことを知ってた。だから底辺を見捨てなかった。

「自分だけ金持ちでいられる」なんてそんな虫のいい話はないんだよね。
金持ちになるには、庶民に自分とこの商品を買ってもらってなんぼなんだから。
その庶民をないがしろにして、子供産めないような状況になっても「自己責任」「努力不足」と吐き捨ててたら、
自分とこの商品買ってくれる人がいなくなるのは当たり前のこと。
それで今、超一流企業様の自動車産業すら危機に貧してるからね。

安泰と思ってた自分の企業が、その報いを一身に受けて潰れる日が来るなんて夢にも思ってないんだろうね。
人を大事にしなかった国は滅びる。弱者を馬鹿にして見捨てた報いは全て自分に返ってくる。
因果応報。

公務員試験は学歴、経歴不問! 熱意さえあれば公務員になれる

昼夜逆転、綾長です。
最近公務員浪人の記事が見られれているようで、やはり考えている人がいるのかなぁと思う今日この頃。

民間景気で新卒が簡単に就職していく中で、我らが氷河期世代(リーマンショック東日本大震災世代)はふざけんなと思っている方もいるでしょう。
もしくはある程度キャリアを重ね、ホワイト企業に転職の兆しが来ている頃ではないでしょうか。
ただ、やはり民間大手は学歴、経歴がボロボロだとなかなか採用されないことも多いでしょう。

そこで公務員もおすすめできます。

公務員は、学歴、経歴、性別、全て関係ありません。年齢などの受験資格さえあれば、誰でも無料で受けられます。最近は59歳まで受けられる自治体や非正規や自営業も職歴と見なす自治体も出てきました。

しかも公務員と言っても、市役所、区役所、都道府県庁、国家、警察、消防、自衛隊、刑務官、国会図書館、裁判所、税務署、更に変わったところでは皇宮護衛官、食品衛生監視員など書ききれないほど職種は幅広くあります。

国家公務員総合職、いわゆるキャリア官僚などはさすがに高難易度ですが、その他の公務員は努力すれば十分合格可能だと思います。

でも、勉強たくさんしないと受からないでしょ?と思われる方もいるかもしれません。
実は公務員試験といってもそれぞれで全く違う採用方法を取っているので、筆記試験重視のところもあれば完全に面接勝負のところまで本当にいろいろです。

たとえば市役所の筆記試験は場所にもよりますが、ほぼ面接勝負です。簡単な筆記試験(中にはエントリーシートを書くだけの自治体も)に3、4回の面接を課すところが多く、受けやすいです。

しかし、市役所は倍率だけなら国や都道府県庁より高いところが多いです。特に東京都下の市役所(武蔵野市など)は、東京都庁に受かるより難しいと思います。

逆に国家一般(ノンキャリア)などは完全に筆記勝負なところもあり、面接が苦手な人も勉強を頑張れば受かるところもあります。

世間的には国>県>市という序列があると思いがちですが、実際の公務員試験では規模が小さくなるほど採用数が少ないので難しいです。現状では地元で働きたい、ワークライフ重視という人が多いので地方公務員のが人気ですね。

筆記重視で、採用数が多いところほど、経歴に自信がない人は受かりやすくなると思います。
私は2年間無職ニートですが、公務員に転職できました。
採用された人にもいろいろな経歴な人がいます。

資格浪人を失敗して30間近になった人
金融、住宅営業、保険などのノルマがキツイ仕事を辞めてきた人
ニート、パチプロ、風俗、フリーターなんでもござれ。公僕になる意欲さえあれば、誰でもなれます。

何度も言いますが、公務員は学歴、経歴不問です。
就職氷河期の皆さん、民間景気で公務員人気が落ちている今がチャンスです!皆さんのご武運をお祈りしています。