白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

好きなことを仕事にするということ

去年の今頃は、年度末に行われる業務評価の準備のため、忙しい毎日を送っていた。あれから1年、現場からも社会からも離れてしまって、なんとなく寂しい気持ちが溢れてくる。風の噂で私が辞めてから、少なくとも5人以上は離職者が出ているようだ。館長はついに入院してしまったらしい。みんな消耗しているなぁ。

ふと気になって施設の広報誌をネットで検索してみた。私が編集担当をしていた時と違って内容もレイアウトもガラッと変わっていた。中でも吃驚したのは、職員の顔写真つきの記事。「顔出しまで始めたの!?」と思った矢先、その隣には職員の名前と「司書」という肩書き。「司書」、司書かぁ~、素晴らしい響きだな~。きっと皆この瞬間のために生きているんだろうな~。
でも、「あなた年収200万ちょっとでしょ、休みもなければ、ボーナスもない。いつまで図書館もどぎを続けるつもりなの?」
と、心の中で黒いものが出てきて、たいして読まずにブラウザをそっと閉じることになった。

私が勤めていたのは民間委託の公共施設。いわゆる武雄市TSUTAYA図書館問題などで話題になった「指定管理者」だ。東京都内、特に「特別区」と言われる区役所関連施設のほとんどが競売に出されている。区内の図書館、公民館、児童館、美術館、博物館、そういった箱物で働く人々は、程度の差はあれど、年収200万代のワーキングプアに陥っている。俗にいう非正規公務員たちである。その労働環境は過酷だ。公務員ができないことを民間人にやってもらうという名目上、「安く」、「効率的に」、「最大限の成果」を求められる。はっきり言って待遇は飲食店やコンビニのバイトと変わらないんじゃないかと思ってしまう。しかし、公共の文化施設というだけあって、すべてを捨ててまで働きたいんだ!という人が後をたたない。良い大学、輝かしい経歴を持った人々でもやってきてしまうのだ。だから、委託側もとんでもない低待遇の求人を平気で出す。中には修士号や語学力といった専門スキルまで要求するものまである。そんな足元をみた求人にもやりたいやりたいと労働者は殺到し、泣いて喜んでサービス残業をするのだ。すべては司書という肩書きと図書館勤務という知的生産界への憧れのため、なのかと思っちゃうね、私は。結局、ブランドバックに群がる頭空っぽの渋谷のギャルと同じなのではないか。先に付け加えて置くが、世のため人のために働く人たちも勿論いる。というか、そういうボランティア精神に溢れた人たちによって成り立っている業界だもの。好きなことを仕事にするということは、何かを犠牲にするということでもあるのかなと。好きでやっているならそれで良いのだろう。私は馬鹿馬鹿しくなってもう撤退したけれど、今となっては良い職場だったとも思う。

去年の今頃、バタバタして休みなく取り組んだ業務評価の準備。結果はどうなったかなと検索してみたら、区内、社内共に1位になっていた。悲願の達成を無職のまま自宅で知ることになるとは、なんとも言えない。それでも、私が4年間頑張ってきたことは無駄じゃなかったと思いたい。

「みんなおめでとう。よく頑張りました。この声は届くことはないでしょうが、私は今も元気です。」

2016年総括 20代、仕事を辞めたその先は……

今年はどうもお世話になりました。

ブログを開設してから8ヶ月が経過しました。記事数は36、何だかんだでまだ続いています。もともと私はSNSの類いが全く続かない性格で、仕事のために作ったFacebookTwitterも全部放置しています。現実世界の延長みたいなあの手のものは苦手です。ブログも初めてだったので続かないかと思っていました。どうやら匿名の世界は、少しばかり居心地が良かったようです。

私がブログを書く理由

ブログを書くきっかけとなったのは、同じく公務員浪人をしている人のブログを見たことです。そこに孤独な公務員浪人はブログで吐き出すと良いよ!」とあり、せっかくだしやってみるかと。いわば、このブログは、私と社会を繋ぐ唯一の接点とも言えるでしょう。もちろん現実世界での交流もありますけど、そこでの私は「公務員浪人の私」ではなく、「前職の先輩・同期としての私」、「同級生としての私」といったある意味真っ当な自分なわけです。無職サイコー」とか「あの野郎、今に見てろよ」とか心の中の黒いものは吐露できない状態。予備校と自宅の行き来の合間にポロっと書けるのが良い息抜きになりました。これからも人間の心の「黒いもの」と「白いもの」を混ぜこぜに吐き出していこうと思います。

アクセス数が月間1000を超えました(はてな解析)

f:id:endofeden:20161230234135j:plain

今年の総アクセス数は3000届かないくらいですね。今月に入ってから1000を超えるようになりました。私のような日陰ものでもアクセス頂いて大変嬉しいです。ブログで頑張っている人たちにはたいしたことない数字でも、私にとっては、初めての1000です。検索用語はやはり過敏性腸症候群関連が非常に多く、半分以上がこの記事のアクセスでした。

imyeden.hatenablog.com

過敏性腸症候群 後ろに彼氏」で検索されて来られた方、心中お察しします……。
彼氏さんに真実を伝えるのか、担任の先生に言って席を変えてもらうか、薬物療法を試してみるか、私が考えられる選択肢はそれくらいです。「治った」や「完治」というキーワードが多めなので、やはり求められているのはどうして治ったのかというところでしょう。私も仕事が決まったら突き詰めていきたいです。なぜこのような病気があるのか本当に理解に苦しみます。それでも、今苦しんでいられる方たちにもまた違った未来があることを私自身が証明していきたいです。

2016年まとめ

2016年は私にとって変化の年でした。22歳で新卒入社し、4年間勤めた会社を辞め、26歳で公務員浪人に乗り出すという。文字どおり人生をかけた新たな挑戦です。仕事を辞める前は会社との激しい攻防で、「辞めたら後悔するぞ」「こんなにお前を受け入れてくれる職場はないぞ」など不安にさせるような言葉を浴びされました。今となっては早く辞めなかったことを後悔しています。
確かにあの職場での経験は私の再起のきっかけにもなったし、退職を告げた時の後輩たちの涙、地域の方の驚きは辛いものがありました。しかし、いつまでも官製ワーキングプアを続けるのか、明日すら見えない現場でその日暮らしを続けるのか、毎月誰かが辞めていくのを何度も何度もお見送りしていくだけの存在になるのか、そう考えた時に私は前に進みたいと思い、会社を辞めたのです。当初は解放感や充実感と共に、喪失感や不安感いろいろな感情がありました。けれども、今年の秋頃から公務員試験に受かりだして、最終面接まで進むなかで、私でもやれるのだ、私を受け入れてくれる場所は他にもあるのだという未来への希望、かすかに見え始めるようになりました。

もし、仕事を辞めるか迷っている若者がいたとしたら、一度しかない人生、より良い生活やなりたい自分になるために、会社から飛び出したって良いんだよと言いたいです。私は、仕事を辞めて本当に良かったです。新しい世界が、広がりつつあります。

f:id:endofeden:20161231001427j:plain

年末年始も勉強したい!自習室確保レビュー

今年も終わりですね。年末年始いかがお過ごしでしょうか。忙しい社会人の方々も長期休みに入る頃、この休みを活用して今までの総復習をする受験生も多いのではないでしょうか。私も「年末年始も休まず勉強!」と、思ってはいたものの、予備校の自習室はお休みで、自宅には正月の誘惑が多すぎる……。何とかせねば。年末年始の自習室確保をかけて、いろいろ試し回って見ました。今回はそんな確保した自習室の個人的感想を残しておこうと思います。

その1 公共図書館

過ごしやすさ ★★★★
メリット 無料、静かな環境
デメリット 満席が多い、開館時間が少ない

自習といえば図書館。実は近年の図書館は年末年始も開館しているところがあるのです。東京都内ではざっとこんなところ。

葛飾区立中央図書館、立石図書館 年末年始休まず開館!
千代田区立千代田図書館 31日まで開館
江戸川区図書館(一部)、杉並区立図書館(一部)、台東区立中央図書館 30日まで開館

特に千代田図書館は、社会人のセカンドオフィスがコンセプトなだけあって、館内もおしゃれで過ごしやすい。普段は22時まで開館していますが、さすがに年末は17時までの短縮開館です。葛飾区は年末年始も無休という業界でも珍しい図書館です。問題は、人が多く席がとれないこともあるということ。席取りは必須です。お金をかけないで勉強できるのは魅力的ですね。

その2 ネットカフェ

過ごしやすさ★★
メリット 個室、飲食可
デメリット 机が狭い 料金が高い

一度で良いからアイスクリーム食べ放題しながら問題集解いてみたかった!個室なので周りを気にしないで好き勝手できるのが良いですね。予備校のパイプ椅子よりもゆったりできます。少し暗くて狭めなのは気になる人は気になるかも。一番痛いのは料金。年末年始は祝日料金ということで1日いると3、4000円かかります。漫画やネットという誘惑もあるので、息抜きしつつ勉強したい日にはおすすめ。がっつり勉強には向かないかなぁ。

その3 喫茶店(スターバックス)

過ごしやすさ★★★★★
メリット 飲食可 ゆったりできる
デメリット 周りが気になる 人が多い

スタバで勉強って意外と王道だったのかというほど、右も左もテキスト開いている人がちらほら。勉強しててもファミレスみたいに注意されません。人が多くなってくると変わった方が良いかなと考えてしまうこともありますけど。店員もたまに店内見ていますからね。1日ずっといるのは私には向かない気がしました。しかし、新作ラテを飲みながら問題解くのは結構はかどりますね。PCカタカタさせているノマド気分で洒落乙ライフ。気分を上げながら勉強したい人にはおすすめです。スターバックスコーヒージャパン

その4 有料自習室

過ごしやすさ★★★★★
メリット 普段通り勉強できる はかどる
デメリット 金がかかる

1日ごとに金を払うところや月間でいくらのところと料金体系は幅広くあります。私は年末年始のみ利用できる自習室を使いました。金だしたから頑張ろうとメリットにもなるのでプラマイゼロですかね。朝から夜まで気兼ねなく利用できるのも魅力だと思います。集中できますし。社会人の方なら有料自習室が文句なくオススメです。無職系資格浪人だと何も食えないのに1日2000円の出費かとポツリと思ってしまうかも……。

さて、年末年始はまだ続きますから、自習室確保戦線はまたまだ終わらない。なくなってみて始めて予備校の自習室の有り難みを感じる今日この頃です。
f:id:endofeden:20161230000640j:plain

種村有菜と共にあった青春時代~「種村有菜原画展」訪問記~

少女漫画の巨匠、種村有菜先生がデビュー20周年を迎えたそう。

種村有菜といえば神風怪盗ジャンヌ満月をさがしてなどが代表作で、最近ではアプリゲーム「アイドリッシュセブン」のキャラクターデザインを担当しています。緻密で繊細な可愛らしい絵柄に、健気な主人公や魅了あふれるキャラクター、そしてちょっとエロい?作風。素晴らしい作品と共に青春を歩んだという人も多いのではないでしょうか。ちなみに私はバリバリの「ジャンヌ世代」です。(確か当時は有名アニメが重なっていて、「ジャンヌ」、「カードキャプターさくら」、「ハンター×ハンター」が裏番でやっているという激戦区でした……)

そんな種村先生の20周年を記念して、東京スカイツリーソラマチにて原画展が開催されています。期間は2016年12月17日から2017年1月4日まで。もちろん行ってきました!

f:id:endofeden:20161220222612p:plain

館内は写真撮影可(フラッシュは不可)、SNS投稿も可ということで、周りはパシャパシャシャッター音が鳴りやまない状態でした。1997年「イ・オ・ン」から2016年「悪魔にchic×hack」まで生原画がこれでもか!と展示されています。数ある展示作品の中でもやはり「ジャンヌ」は感慨深い物がある訳で、この生原画の衝撃よ……。

f:id:endofeden:20161220231526p:plain

あぁ、青春の日々。それは中学に入学したばかりの頃でした。一人一人がクラスメイト全員に自己紹介をしていくタイミングで、私が口にしたことが

「好きな漫画家は種村有菜です。」

という一言でした。今考えても思い切った自己紹介をしたというか何というか。当時は「種村有菜=ジャンヌ=エロい」という暗黙の了解みたいなものがあって、周りから「ありなっち好きなん?意外」と声をかけられたものです。純粋に漫画を楽しんでいたのにね。確かにちょくちょく少女漫画特有のラブシーンが出てきたりもしますけれど、あまり理解してはいないですよ。そりゃあ。

f:id:endofeden:20161220231426p:plain

この絵は、漫画を読んでいて「何で見えているんだろう、これは本当にパンツなのかな」と疑問に思っていたこともありました。やはりパンツでした。

f:id:endofeden:20161220230253p:plain f:id:endofeden:20161220231127p:plain

種村先生の原画は本当に線が緻密で、拡大で見たいぐらいでした。これはもはや職人の領域ではないのでしょうか。

他にも素晴らしい原画がたくさんあり、濃厚な時間を過ごすことができました。ショップでは、100点を超えるグッズがお出迎え。物欲を刺激されます。個人的にオススメなのは600円の「フレームアート」です。100均で額を購入すればお気軽に複製原画気分を味わえます。

f:id:endofeden:20161220232803p:plain

種村先生20周年おめでとうございます!

彼氏ができるかもしれない。出会いの場と化す集団面接について

タイトルの通り人生で二度目くらいのモテ期が到来している、かもしれない。
私が極度の恋愛音痴なことは、これや
imyeden.hatenablog.com
これで述べた。
imyeden.hatenablog.com
それでも、人間社会に属していると男女の仲みたいなものからは逃れられないようで……、現在、男性二人から食事に誘われるという事態に陥っている。
「なんだ食事くらいでモテ期なんて自意識過剰も言いところ」
と、言われてしまえばそうなのだろうけど、考えても見て欲しい、普段は予備校でしがない浪人生をしている私にとっては一大イベントではなかろうか。
えぇそうですとも。久しぶりの女子会ネタが増える一大事ですとも。そもそも男性と二人で食事に行くのも実に何年ぶりかというレベル。女性率90%の職場は伊達じゃない。
しかも、ほぼ同時に接点のない二人から誘いの連絡が入ったのだ。一人は前の会社の数少ない男性の後輩。もう一人は公務員の集団面接で出会った男性。どちらも同じ2歳年上。これが有名なクリスマス効果なのだろうか。恐るべし。
前者はまぁわかるとして、後者は出会いが集団面接である。集団面接の打率は本当に侮れない。実際に男女限らず毎度毎度コミュが増えるので結構狙い目である。孤独な公務員浪人が耐えられない人は、試しに集団面接を受けてみると良いかもしれない。意外と同じような境遇の人はいたりするものだ。
で、この機会をどう生かすかについて。やはりぼっち気質は抜けないので、今からどうやって断るか困っているところである。前述のように私はひどいコミュ障を抱えている。前職は接客業だった影響で良い人を演じてしまうきらいがあり、腹の底でぐつぐつと煮えたぎっている黒いものが周囲に悟られることはなくとも、いつかバレてしまうのではないかと気が気でないのだ。嫌われる前に自分から縁を切ってしまおうだとか、最初から交流をしなければ良いだとか、そうした人との繋がりを拒絶してしまう傾向にある。恐らく今回も「もうすぐ全国模試が近いから」とでも言い訳を作って逃げ出してしまうと思う。この年になってまで模試だとか勉強だとか口に出す女であることに、何時まで経っても抜け出せない地獄の輪廻みたいなものを感じてしまう。周りは婚活だ、結婚だと言っている。私は未だに偏差値の世界にいるのだ。彼氏はできないかもしれない。

公務員の転職先は公務員ということ

過去記事のこの試験、最終で落ちました。
imyeden.hatenablog.com

厳密に言うと任期付なら採用という結果に。
○○省所管の団体で、正規採用を受けたのですが、ただ落とされるのではなく、こういった結果に終わることもあるようです。任期が終われば解雇されるわけで、もちろん辞退しました。

そして、先日は市役所の面接に行ってきました。 集団面接で、なんと隣同士が現役公務員でした。
大規模な自治体の職員でありながら、地元でもない小規模な市役所を受ける意味とは……。どちらもケースワーカー(生活保護)でしたから何となく察してしまいました。
後々本人に聞いてみたら、ケースワーカーは住民から恨まれることがある、ナイフで刺されかけた、死体は見慣れた等と言っていましたから、そりゃあ大変だろうな。

公務員といえど毎年自主的な退職者は一定層いるわけです。分限免職という実質のリストラもありますしね。社会保険庁が解体したのも夕張市財政破綻したのも記憶に新しいです。
国家専門職の国税専門官(税金の取り立て)は、採用1年目は研修生のような形で財務の勉強をしますが、成績不良だと適正なしということであっさり切られてしまうそうです。試験を突破しても数ヵ月後には無職の可能性がある、恐ろしい。

民間企業なら潰しがきく仕事やスキルもあります。でも、公務員の転職先は公務員なんでしょうね。

やたらメディアでは公務員のバッシングを目にしますけれど、ああいうのは幻想の世界と言いますか、ドロドロした世界を知らないのだろうと思います。
それは恵まれている部分もありますよ。じゃないと公務員になりたがる人なんていなくなります。

自治体はどこも財政難。予算は足りない、仕事は増える、求められるサービスは多様化する、課題はたくさん、周りからはバッシング、両方向からサンドバッグ状態、メンタル率が高いのも頷けます。たぶん、公務員はドMが多いと思いますよ。私の偏見ですが。

それに今や公務員の三人に一人は非正規です。役所の窓口にいる人も時給900円程度のワーキングプアかもしれません。委託で続々と民間企業も役所の仕事に進出していますから。そのうち公務員という職業もなくなるのではないかなと少々感じています。実際に私が勤めていた施設を管轄する部署はなくなってしまいました。これからの運営は、民間企業に全て任せますとね。
そこで働いていた人たちは全員解雇されました。もともとは直営時代の施設職員だったのに、非常勤に変わり、最後はさようなら。

公務員になることはゴールではないということです。そして、世間でバッシングされているような「楽」だとか「安定」だとか、そんな世界が全てではないと。少なくとも私が見てきた世界は、労働者も地域が抱える課題も含めて過酷な現実でした。

30歳になったら終わりだと思っていた

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

眠れない夜に 「5年後の自分へ」

5年も経てばとうとう30歳を過ぎているね。年をとるのは簡単だっただろう。何もしなくても年齢だけは過ぎていく。子供の頃からそんな人生の虚無感を知っていたから、何となく30を過ぎたら死んでいるだろうなと思っていた。女にとっての30歳は、男にとってのそれと比べて、重みが違うと感じていたからだ。小さい頃は「老いたくない」という容姿の問題や「ずっと子供でいたい」なんていう「ピーターパンシンドローム」に似た気持ちがそうさせてた。今はそれだけではない。仕事、結婚、子育て、親の介護、背負いたくない責任みたいなものがのし掛かってくる気がして、30歳という足枷が襲ってくる感覚に恐怖を覚えている。

でも、実際なってみれば恐ろしいものでもないのだろうと思う。5年前の自分を振り返ってみても今の方が何百倍もマシな生活をしている。まだ学生だった頃は、極度の対人恐怖症であったし、就活も失敗続きで、薬が手離せず、留年までしてしまった。実に半引きこもり歴6年におよぶ大失態である。そんな私が「まとも」と呼べるようになるまで成長できたのは、前職での経験があってこそだった。地域の皆様や同僚たちに貢献できる仕事は本当にやりがいがあった。副責任者として毎日14時間ぐらい働いていたと思う。労働環境は決して良くはなかったけれども、私にとっては初めて見つけた居場所だったのかもしれない。

そんな自分の居場所も結局手放してしまったけれどね。5年経ったらまた新しい居場所を見つけられているかな。

もしも今追いかけている夢が叶っていないとしても、また5年後に「お前それなりに頑張ったじゃないか」と自分で言えるような存在になっていて欲しい。
どうせ誰もが生きていれば嫌でも年はとるのだから、他人にどう言われようと自分が納得する生き方をするよ。私はこれからも次の5年に繋がるように、ただただ前に進んでいく。5年後にどんな気持ちで、どんな状況で、30歳の「今」を生きているのか、私にはわからないけれど、そこに少しでも成長した私がいるのなら、それで充分満足だ。