読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

【うんざりする】女子会の会話は99.9%恋愛と下ネタ【事実】

女が集まって飲んだり食べたりしながらダラダラ他愛もない話しをすることを世間では「女子会」というそうだ。 20後半も過ぎて「女子」って頭おかしいんちゃうかと言いたいところだが、普通に店側も「女子会コース」を用意していたり、女性たちも「女子会じゃ~」とさも当たり前に連呼したりするもんだから、「あぁこういうのを女子会って言うんだな」と私は日常語句として認識できるようになったのである。

その女子会は、「最近どう?」という軽い挨拶みたいな言葉から始まる。本当に他愛もない世間話のようなスタート。女好みの甘い酒にサラダやピザをつまみながら、再会の一時を噛みしめる。だが、次第にそれは会社のうざい上司の愚痴や仕事の不満といった負の部分に触れていく。

「あ~雲行き怪しくなってきたな」

と、思った先に待っていることは恋愛話とエロトークである。 ほぼ100%の領域で恋愛話にぶち当たる。どんなグループでも。私はこれが不思議でならない。 しかも、「あの子が好きなのどうしよう」なんて可愛いもんじゃなく、誰と誰が不倫しているとか、彼との夜が不満とか、好きな体位とか、歴戦の経験談とかもうぶっちゃけ下品なこと満載なのだ。 澄ました顔してるくせに普段そんなこと考えてるの?というレベル。ただ喋ってるのを聞いているだけならまだ良いが、奴らは「で、綾長はどうなの?」とこちらに意見を求めてくる。

そんなネタねーよ、と。

20後半で男性と付き合ったことも会話したこともほぼないような魔女がいるっていうことを彼女たちは知らない。もっというと、恋愛も何も興味がない女がいるということを彼女たちは理解できない。人気と言われる女性向けブログですら、ほぼ確実に恋愛や男の話が絡んでくる世の中。

 最近ようやく気付いた。女って恋愛に興味があるんだ……と。

仕方がないから、でっち上げの恋愛話をその場しのぎで話したりもするが、もうこれ以上はどうにもならない。 恋愛、男、結婚、出産に全く価値を感じないのだ。 原因は何だろう。一人でも何でも出来てしまうし、金にも困っていない、そもそも恋愛の果てにあるものに何の感情も抱けない。

私の両親は、公務員同士の余り者が、互いの体裁のためにお見合い高齢結婚したもんだから、仲も良くなかったし、近々熟年別居する予定だ。このように望まれた結婚だけが全てではない。 もし仮に自分が結婚までたどり着いて、子供が生まれたとしても、遺伝で精神疾患になる可能性もある。間違いなく苦労するだろう。そんなリスクを犯してまで結婚や出産をする必要性があるのだろうか。(あくまで自分の人生観。一般的な価値観とは異なる。)そんな人間はひっそりと一人で暮らした方が良いですよ、と誰しも思うだろう。

そう考えてくると、女子会で飛び交う恋愛や下ネタもやはり興味が持てない。興味が持てないなりにも知識で対抗している訳だが、いつか限界がくるか、あえて触れられなくなるか。年齢を重ねれば重ねれほど、杜撰な扱われ方をしていくのかなと思ってしまう。恋愛するのも結婚するのも人として普通のことだと思われているから 所謂異端のような扱いを受けるのかな。親も例によって共済組合にある公務員とその家族向けの結婚相談所に入会したらどうかと進めてくる。 「女は結婚すれば仕事しなくても良いんだから」と古くさい考え方は意外と近くに根付いているものだ。もう駄目になったら別居しつつ偽装結婚してくれる相手でも見つければ良いか。 偽装結婚すれば、女子会のくだらない恋愛や下ネタに「普通の人間」として参加することができるようになるのか。 私にはわからない。

ただこれだけは真実。

女子会の会話は99.9%恋愛と下ネタ。