白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

公務員試験、次が最終面接

尾てい骨骨折中に受けた某自治体の集団面接とグループディスカッションが通っていました!
正直、周りのレベルが高いな~と感じて落ちたかと思っていただけに嬉しいです。
次が最終面接!ここまで来たからには最終合格したいですね。
落ちても本番は来年ですからまだまだ頑張れますよ。

さて、せっかくなのでこれから公務員試験の集団面接やグループディスカッションを受ける方向けに様子など残しておきます。何かの参考になれば幸いです。

【グループディスカッション】
集合場所に行ってみると2、30名くらいの人がいました。グループディスカッションの班分けなどが書かれている紙が配られ、軽い説明あり。その後、違う部屋に移動してディスカッション開始という流れでした。
グループディスカッションはチーム戦。全員で合格するつもりで挑みました。場所を移動する際に、少し自己紹介や軽い会話をして場馴れしとくのも良いですね。
ディスカッションは、司会を一人決めて、用意されたお題に対して自分の意見を出す基本な感じでした。
やっかいなのが、この司会。司会は難易度が高く、成功すれば配点が高く、失敗すれば司会だけ落ちることもあるそう。だから皆やりたがらず、決めるのにどうするか……な空気がまず流れましたね。
班に難関大学の院生がいたので、マジやってくれ~って一瞬思ったのですが、何故かその学生が私の方を見て
年功序列でどうでしょうか」
と、言ってきやがったのです!!
いや、確かに私が一番年上かもしれませんが、司会の押し付けというか何というか……。
決まらないのも困るので
「では、私がやらせて頂きます」
と、司会を買ってでましたよ。グループディスカッション初めてで司会でした。

流れは以下の通り。
①複数あるお題から一つ決める
②お題の意見を一人ずつ言う
③討論
④まとめの意見を一人ずつ言う
でした。とにかく時間が少ないです。
討論部分は、周りの意見に同調しながら自分の意見を付け加える戦法を取りました。後は発言が少ない人に振ったり。
以前コミュニケーション論で勉強した「おうむ返し」も使えました。たとえば

Aさん「私は○○は××だと思います。なぜなら□□だからです」
と、きたら
綾長「□□から××なんですね。私も賛成です。それは△△で~」
と、前の人が言ったことをそのまままとめる(鳥のおうむのように返す)か、または自分の言葉に言い換えてわかりやすくする感じですね。無難な感じで進めました。
司会しか役職決めなくて良かったので、何だかんだで司会やりながらタイムキーパーも書記もやりました!前職もそんな感じで同時進行で仕事してたので、経験が生かされています。しかし、全部一人でやるのはオススメはしません(笑)

【集団面接】
グループディスカッションの後は集団面接。だいたい40分くらいですかね。聞かれたのは自己紹介や志望動機、後はその自治体独自の取り組みについていろいろ聞かれました。公務員面接のテンプレ質問が全然聞かれませんでした。なので、質問の答えを丸暗記するというよりは、会話をすると思っていた方が良いですね。もちろん答えを用意したり、練習するのも必要ですが、民間の面接と同様に何聞かれるかはわからないです。駄目でも自分の言葉で頑張って答えようとしている感が評価されたんでしょうか?同じ班の人に「わかりません」と答える人もいましたけど、何でも良いから言った方が良い気がしましたね。

以上、そんな感じで二次選考に通りました。
次が最終面接です。無職脱出なるか!?仕事決まったら焼き肉食べたいです。