白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

働き方を選べる・認め合うのが理想

toyokeizai.net

この記事を読んで日本人の働き方について思ったことを少々。


今年は労働問題がいろいろ焦点になりました。過労死問題、ブラック企業問題など。上の記事でも日本人の働きすぎ問題が挙げられています。インターネットを見ていても、こんな労働環境は嫌だ!と、あえて雇われない生き方など、多様な働き方を目指す人がけっこう目立ってきていますよね。特に若者世代のそういった開拓精神は見ていて頼もしいものであります。ただ、一部の人が固定観念みたいなものを作るからか、どうしても「会社員vsフリーランスといった煽りの構造が出てきてしまうのは悲しい話なんですけどね。

私から言わせてみれば、その人があった働き方をすれば良いと思うんですよ。時間に余裕が欲しいからあえてフリーター、組織に属したくないから、自力で稼ぎたいからフリーランス、育児の合間に働きたいからパート、生涯働きたいから正社員、公務員のように働き方が自由に選べる社会、それを互いに認め合う(というか非難しない)社会が理想的だと思うんですよ。あくまで「理想」なんですけどね。

上の記事のコメント欄を見ていても「日本人の働き方は異常」と潜在的に思っている日本人は多いと言っていいでしょう。しかし、現場レベルではなかなか変わらない。
政府も働き方改革なんてやっていますけど、やはり何十年、何百年と染み付いた体質を変えていくのは難しいでしょう。何十年かかるかわかりません。少しずつでも改善していかなくてはならない。精神論で変わるようなもんじゃないですからね。


ここで目につくコメントがフリーランスだと言う人の意見。

端的に言えば「自分はフリーランスだけれど、日本の働き方に文句言う人が多いのに変わらないなんて何にも行動に移さないバカ」みたいな内容。
うーん。思考停止だなーと。

確かにね、現状に不満があって変えていかなくてはならないなら改善するべきだと思いますよ。また、望まないで長時間労働をしている人、過労死に至るような人、そういう人は救うべきですし、改革するべきですよ。けれども、守らなくてはならない物があって企業で稼がなくてはならない人、仕事が趣味でバリバリ働きたい人、多様な人がいるということも視野に入れる必要があると思うんですよね。

バリバリ働きたい人はバリバリやればいいし、適度に働きたい人は適度にやれば良いし、家庭と仕事を両立したい人は両立できるように改善する、そこに優劣をつける意味なんてないんじゃないですかね。フリーランスでやりたい人はフリーでやりゃ良いんですよ。何でもメリットデメリットがあるんだから、自分にあったものを選べばいいでしょ、と。
私なんかは雇われて良かったと思っている口ですし、とりあえず三年以上やって結果も出せたし、やりたいことも見つかり、社会人としての力もついて、文句はあっても、良いこともあったんですよ。そういう人もいるんですよ

そもそもね、変えましょう、そうしましょう、で簡単に行くようなもんじゃない。極端な話をすれば、戦争はなぜなくならないか。戦争で利益を持つ人は置いといて、大抵の人は戦争は悪だと思っているはず。けれどもなくならない。そこには何十年、何百年におよぶその国の宗教や文化の対立があったりするわけで、世界平和を目指しましょう~でお手手つないでハッピーエンドなんてなかなかいかないでしょう。変えるには根気と長い年月が必要なんですよ。
働き方改革を戦争と同列に話すのはどうかと思いますよ。それでも根付いた物を変えるってことはそんな簡単な話ではなくて、もちろん改善していかなくてはならないけれど、一言二言で片付けられる問題ではないと思うんですよ。

割りを食っている人や消耗している人は救うべき。ただ、そこに優劣をつけて働き方の形態に対立構造を持たせることはしたくないと私は思ってならないんです。