白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

うつ病は治る可能性がある、発達障害は生涯付きまとう

みなさん、こんにちは!無職の綾長です。
先日の公務員試験第一志望自治体に見事に爆死しました!だいたいボーダー付近くらいなので、「うーんどうかな」って感じですね。冬まで試験は続いていくので、「また次行くかー」というところです。

さて、話は変わりますが、先日障害者雇用の基準が拡大し、2018年には精神障害者の雇用を義務化するというニュースを見ました。今までは「知的障害者」や「身体障害者」のみだったそうな。現代のストレス社会、メンタル社会のことを考えても妥当な選択だと思います。精神疾患の認識自体はかなり広がってきていますし、その患者数も増加傾向にあります。

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成23年は320万人と依然300万人を超えています。(厚生労働省より抜粋)

人口は減少、高齢者は増加、障害を抱える人も増加、そうなってくると、どんどん働き手が減っていく。つまり、労働力が低下し、経済状況を維持できなくなります。現状を維持しつつ更なる発展を遂げるためには、高齢者、障害者、女性といった労働参加率が高くはないところにも雇用を広げていく必要があるわけです。この障害者雇用制度の改正は必然的なものでしょう。

だからといって、精神障害者誰もが働けるかといったら難しいのではないでしょうか。やはり企業の受け入れ体制や健常者の理解、様々な課題があります。だいたい仕事って大変じゃないですか。健常者だってヒィヒィ言いながら働いているのに、更に厳しい状況で働かなくてはならない障害のある方々は本当に苦労されるだろうし、接する側も試行錯誤だと思います。あまり環境の良くない中小企業の現場仕事なんて特に。私の前の職場のことなんですけど。

前職で、仕事が全然できなくて、いくら教えてもおかしなミスをする、空気が読めない、ちょっと困ったアルバイトがいて、そういう人は周囲から噂話や嫌がらせみたいなのが絶えなかったんです。恐らくあの子は発達障害なのではないか、と本人と面談して受診を進めたことがあります。実際、発達障害だったんですけどね。それからは、業務も最低限にさせて、必ず私が確認する。正直言って私がやった方が早いです。それでも根気強くやってもらう。本人がミスするたびに、本社からは「仕組みが悪いだけじゃないか」と言われて私たちが悪いみたいな雰囲気にすらなりました。それからいろいろ改革したのに、ミスは減らず、他のアルバイトからは「同じ時給なのはおかしい」、「クビにしろ」とてんてこ舞い。職場の雰囲気が悪くならないように、周りとも面談して、やることはやった。でも、他にもいろいろあって、結局、私は現場を去りました。あの子はまだいるらしいです。

そういうの見てると、障害のある本人も第三者も辛いだろうなって思います。ちゃんと整備されていればね、いろいろ大丈夫なところもあるだろうけど、自分で精一杯の中小は今のままでは難しいのではないでしょうか。その辺も含めて改革していく必要がありますね。

長々と書いたのですが、一番言いたいことは、発達障害、知的障害、身体障害、といったものは、もう治らないじゃないですか。生まれつきだったり、何だりね。精神障害は、完治は難しくても治る可能性はあるんですよ。

なぜ、私がこういうことを書いているかというと、某メンタルブログの方(精神障害2級で学生時代からうつ病で働いたことはない)が、「自分はうつ病だけど働きたい」と言われていて、それに違うブログの方が、「自分は発達障害だけど働くのは大変、精神障害3級は障害者年金がでない、この違いは何か」と嘆いてたの見たんですよ。それに対して、またいろいろ反論されていましたけどね、発達障害には関わりたくないとさえね。

私自身もうつ病や過敏症腸症候群で何もかも失った経験があるからこそ言いますけど、障害を抱えてそれでも働かなくては生きていけないという人の方がよっぽど大変だと思いますよ。第三者が絡んでくる、責任が付いて回る訳ですから。守ってくれる環境や人がいるなら恵まれていると思います。
弱者が弱者を叩きあう構図というのはあまり好ましくないと思いますし、苦しみなんていうのは天秤にはかけられません。しかし、頑張ってもがいている人が割りを食う社会にはしたくないと思うのです。