白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

特別区最終合格しました

暑い中に失礼します。綾長です。

タイトル通り、ついに、ついに、第一志望の特別区に最終合格しました!!

いや~長かったなぁ、長かったなぁ。

ただ、まだ終わったわけではありません。
特別区は、採用が特殊で最終合格すると、合格者名簿に登録されて、特別区職員になる資格が付与されます。
その後、23区からドラフト制で指名がかかり、区役所面接が始まります。そこで内定が出れば、その区に内定、無事終了となります。
以降40年近く同じ区で働き続けることになると考えると、非常に大切な面接であることは間違いありません。
この区役所面接は最大で8回チャンスがあると言われていますが、やはり提示が何度も続けば、前の区に採用されなかった人と見なされて不利になる傾向にあるようです。
さらに、どこにも採用されなければ、「採用漏れ」といって、最終合格したのに特別区職員になれない、さようなら~という悲しい結果になることも…………。ちなみに採用漏れの数は全体の1%とも5%とも言われています。基本的には、どこかの区には採用されるんじゃないでしょうか。

私は、運良く第一志望区から連絡がありました。採用人数多めの中流区なので、声もかかりやすかったのかもしれませんね。応募の段階で志望区を3つまで入力できるのですが、かねがね第一志望は考慮してくれているように感じました。

さてさて、来年からは無職を脱出できるようで本当に良かったです。
今、生活費のために日雇いのアルバイトをやっているのですが、やはり体力的に辛い!とても続きません。工場地帯に派遣されて、ひたすらカバンを袋に詰めるお仕事をしました!
おまけにピリピリしている人もいて、帰りのバスの中で見ず知らずの労働者に「クソが」と舌打ちされました。怖すぎる……。確かにあの仕事はストレスが溜まるけれど!

公務員浪人で一番辛いことってお金の問題なんですよね。特に税金。今月中に年金払わないといろいろまずいです。これから公務員浪人を考えている人は、まずはお金ということを頭に入れておいてください。

そんなこんなで、特別区最終合格です!!