白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

日本の労働は生産性が低いというけれど

つまり、どういうことなんだ?

と思っていたら、素晴らしい学者の方がいらっしゃいました。

ははぁ~、なるほどな~。

日本人はなぜ学力が高いのに生産性は低いのか
https://www.nagaitoshiya.com/ja/2015/japanese-labor-productivity-levels/

日本は基礎学力が高いが生産性は低い

何故か?

仕事への意欲が低い


原因は?


日本的経営の問題

・終身雇用、年功序列など

・ゼネラリストの育成(得意なことを伸ばすのではなく、会社の中で平均的にどれもができる人を好む)

やりたくない仕事もやらなくてはならない(意欲低下)
他の会社(組織)では通用しないスキル(転職が困難)
スペシャリストではないため経験者より若さが優先される
解雇コストがゼロの派遣労働者へのしわ寄せ


解雇を自由化するべき


派遣を間接的に雇う必要はなくなる
正規と非正規の区別がなくなる
転職が容易になる(中高年の再就職、ブラック企業から逃げられる、単身赴任を強制されない。)

終身雇用は預金保険で守られた銀行預金のようなもの

・預金が活用されない
・優秀な人材が飼い殺しにされる



ただし終身雇用は労働者を守る権利だと考えがちである


個人を守るためには、個人が所属している事業者を守らなければならない。そこで、弱者保護という名目で、弱い個人ではなくて、弱い事業者が保護されてきた。

~中略~

日本は、弱い個人ではなくて、弱い産業を保護した結果、生産性が下がり、そのため福祉を充実させる原資が減って、低福祉・高負担の国になってしまった。負担を減らしつつ、セイフティ・ネットを強化するには、解雇規制を撤廃し、転職の自由を確保した上で、競争力のない事業者を退場させればよい。(抜粋)



以下、綾長

わざわざ中間の取り分がある派遣を挟むこと自体が貧困を生み出す原因やかえって余計な仕事を増やしているのではないか。
私は日雇い派遣で工場で働いたことがあるが、毎回違う事業者に行くので、毎度また一から現場の説明をうける。細かいところだと、工場の使い方や仕事のやり方のビデオを見て、社員から仕事の説明を受けて、現場に立つのが始業から1時間後。社員は毎日説明の仕事があるし、派遣も毎度毎度覚えることがある。これ無駄すぎる。

守るべきなのは個人。派遣会社や悪徳企業を守るべきではない。

望まない長時間労働なんかも結局正社員で何とかしろって話だしなぁ。直雇用で人を雇って分業すれば残業しないで帰ることも可能なはず。

あとは苦手なこともやらなくてはならないこと。
苦手なことを一生懸命に長時間でやるより、得意な人に任せて短時間で終わらせる方が簡単なはずだよなぁ。
得意なことを伸ばす(専門性を磨く)って大切だ。


非正規が悪いと思っていたけれど、雇用を更に流動化させるべきというのは新鮮でした。アメリカでは公務員も公募制で転職が盛んなんですよね。