白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

再就職後のあれこれ

久しぶりのブログ。
ビビりだから一旦閉鎖していたのだけれど、いろいろ我慢ならぬことがあるので再浮上してきました。

◯配属先について◯

端的に言うと激務部署らしいです。
検索すると市役所配属ランキングの「最悪」に位置する部署でした。ちなみに本庁で窓口はなくひたすら事務処理に明け暮れています。隣の係は深夜まで残業しているようです。(笑)

◯部署は希望通りにはならなかった◯

非常に残念なことに部署の希望は通りませんでした。周りの人に聞いてみても、部署の希望は通っていないようです。やりたいことが一生やれないことがありそうですね。キツイところずっと回されている人もいました。

◯民間と比較して◯

正直、前職時代と比べると明らかに働きやすくなりました。待遇も大幅アップ。激務部署らしいけど、私のスピードと先輩・上司のスピードは違うというか、「はぁ?」と思うこともたくさんあります。書きたいけど書けないもどかしさ。周りは穏やかな人が多いです。パワハラ上司もいません。ビックリするほど平和です。

◯これからどうするか◯

やってることはただの事務処理ですが、社会のためにはなっている仕事です。何もかもを割りきって歯車として働くには最高の居場所でしょう。同世代の職員も結婚・出産している人が多いので、20代のうちに婚活でもして、子どもや家庭を持ってマニュアル通りに生きれば、闘病時代に欲しかった「普通の人生」が手に入るかもしれません。

けれど、ここにいてもやりたいことができるかはわからない、これ以上の成長もない。結婚も出産も興味が持てない。


転職? 都庁模試もB判定で返ってきている、独法やNPOという選択肢もある。ただし、どこも年齢制限があるので、30歳になるまでに決断しないといけない。残された時間も少ない。人生100年時代なのに選択肢が前半に狭まり過ぎていやしないか……。

これからどうするか、答えを出すにはまだまだ時間がかかりそうです。