白と黒の境界線

日々徒然をネットの隅に残す記録簿 気まぐれに更新中

あまりにも価値観が違いすぎる

民間から公務員に転職して思うギャップについて箇条書き

・典型的な人生観を持つ人が多い

大学に入って、就職をして、結婚して、子どもを生んで、家を買って、ローンに苦しんでいることをネタにする。
そんな人が普通にいる。都市伝説かと思っていた。新卒22歳の子たちも普通にそういう価値観を持っていて、入って早々に「結婚、結婚、子ども、子ども」みたいな願望を語ってくる。素直に驚いた。

・えっ、これで良いの?というゆるさ

ブラック企業から転職してくると、まず座って仕事して自分のペースで進められることに驚いた。自分の席があるとは……共用じゃないんだ。
「そんなに気をはって仕事しなくて良い」、「早さより正確性重視で」というようなことを言われる。
「複数のタスクを素早くやれ!」、「120%の力で死ぬ気で働け」、「もっとデキルようになれ、本社にこいや」みたいなことを言う上司が誰もいない。

・できない人が普通にいる

仕事できなくてもクビにならないって、本人には良いだろうが、周りにとっては迷惑きわまりない。おまけにそれが上司だったりする。業務について何も知らない人が上司。
前職では4年間で館長が3人も変わった。一人目はクビ、二人目は異動。デキナイ人はクビになる。もしくは勝手に辞めてくれる。本当はそういう方が組織としては楽なんだけど、例えば本人に障がいがあるとか、作業工程に何らかの問題があるとかだと、切り捨てるだけでは根本的な解決にならない。前職の研修でトヨタ生産方式を習った。誰もがミスなくできて、どんな人が行っても同じ結果になる。たぶんそういう仕組み作りが一番重要なんだろうな。今のようわからん異動連発、統一したマニュアルもない組織構造じゃ無理な話で、現状に疑問を持って行動する職員もいなさそうだ……。

・民間からの転職者ばかり

転職者が多すぎる。体感的に新採でも経験者の方が多い。同期の最高齢は40代。民間ブラック、ノルマがキツイ職種(銀行、保険、住宅営業等)、転勤族(国、県の公務員含む)など、安息の地を求めてやってくる人が多い。果たしてそこは楽園なのか。中小ホワイトや大手企業からの転職だと年収も福利厚生も大幅にダウンするようだ。公務員は年収も低いし、福利厚生もバンバン削られてますからね。ただ、私のような役所の下請けからだと待遇には満足する。そもそも福利厚生などなかったし、年収も250万円(交通費込み額面)、休み年間100日ないシフト勤務からすると、普通に生きられることの素晴らしさを感じる。官製ワーキングプアの人たちは、民間に移った方が働きやすさも待遇も上がると思う。官にいたいなら意地でも正規公務員になった方が良い。

しかし、図書館のイメージが偏りすぎているのでホワイトからの転職と勘違いされてしまう。指定管理って明日自分の仕事がなくなるかもしれない不安定さから皆必死だし、人件費削減+最大の成果を求められるから毎日自転車操業で、離職率も半端ない。おまけに肉体労働なので、本当にイメージで損していると思う。
マジで正規公務員でない大多数の図書館員の方々は一刻も早くその仕事をストライキしても良いレベルですわ!官官格差の深刻さよ。